日本第一党茨城県本部の立候補者選定要件を定めます

那珂市議会議員選挙が終わり、茨城県においては今秋つくば市議会議員選挙が予定されています。

日本第一党においては被選挙権について3代に渡る国籍があることを条件とする政策はある一方(党規約等で明文化はされていませんが)、立候補者の配偶者の国籍については取扱いが定まっていません。

しかし、外国人が配偶者である議員、首長を容認することは日本の存立を脅かし、将来の日本に禍根を残すことにもなりかねません。

(茨城党員の個人ブログとなりますが、この点について触れています。⇒政治家の配偶者の国籍について)

 

この点、次回衆院選について、日本第一党本部は、配偶者が外国人である候補者を公認する旨を発表しています。

そこで、つくば市議選に関する判断材料とすることも兼ねて、当該立候補予定者から茨城県本部長を経由して党本部に対し、外国人が配偶者である者の立候補についての党の考え方を照会する文書を送りました。

 

長文になるため概要を述べます。
・外国人が配偶者である者が政治家になることは日本の存立を脅かすものである。
・にもかかわらず何らの対応もしないまま選挙に入ることは党首を始めとする古くからの党員の長年の取組みを水泡に帰せしめ、日本第一党の存在意義を揺らがせるものである。
・そのような重要事項であることからすれば、当該候補の配偶者の件について党員に対して公式にアナウンスすべき。
・配偶者が外国人であることを解消する何かしらの対応をする予定はあるか。政治家、特に国運を担う国会議員の配偶者は純粋なプライベートの事項ではなく公的事項である。

 

これに対する党本部からの回答(回答書の差出人は選挙対策委員長)については、端的に結論を述べますと、今回のケースについては危険がないので特段の対応はしないというものでした。

照会書において、およそ日本の存立を脅かし、将来の日本に禍根を残す危険は(一律に)予め除いておくべきと述べたのに対し、個別のケースで回答がなされ、噛み合っていません。

 

そもそも、どうして今回のケースについて危険がないと判断できるのでしょうか。

配偶者が露骨に外患誘致行為まではしなくとも(これをしない保証もありません)、自身の出身国からの外国人入国について「協力」を求める等といった事態は予想しうるところです。

更に、両者の間に子供ができたとして、将来にわたって日本人としてのアイデンティティを維持し、日本人として生きていくという確証が持てるのでしょうか。

そのような事は保証の限りではなく、子供が母の出身国のアイデンティティを持ったまま、特に親の政治的基盤を引き継いで政治家になったときは間違いなく日本の存立、国益を毀損します。

実際、帰化人や帰化2世3世ではないかと思われる国会議員達の言動を見れば、その危険が想像つくと思います。

そのような事態を招く危険は徹底して予め除いておくのが、日本人のための政党、日本第一党の姿勢であるべきではないでしょうか。

 

ともあれ、噛み合ってないにせよ、公式に回答がなされた以上、これが党本部の考え方、姿勢と受け取る他はありませんし、有権者等からの質問にもこの形で答える他ありません。

もっとも、日本第一党茨城においては、日本人のための政党という看板を下ろすことはできません。

そこで、茨城においては独自に立候補者選定の要件を定めることとしました。

 

茨城県における立候補者選定要件

茨城県内において議員、首長選挙に立候補する要件として、以下を定めます。

 

① 国会議員、県議会議員、首長

3代に渡る日本国籍があり、かつ、帰化の事実がないこと。および、配偶者が外国人でないこと。

 

② 市町村議会議員

2代に渡る日本国籍があり、かつ、帰化の事実がないこと。および、配偶者が外国人でないこと。

 

③ 立候補時点で配偶者がいない場合

立候補時点で配偶者がいない者については、議員就任後に外国人と結婚した場合には議員を辞職する旨の誓約書を提出する。

 

上記①②の要件を満たさない者がどうしても立候補するとした場合、立候補届けを提出させないという事はできませんので、その場合は茨城県本部としては選挙の応援はできないという取扱いになります。

③についても違反した議員が失職するものではありませんが、違約をしたということは有権者の重要な判断材料となります。

今後、運用の上で要件を見直すこともありえますが、当面、上記の要件で立候補者の選定を行います。

「日本第一党茨城県本部の立候補者選定要件を定めます」への4件のフィードバック

  1. こうした徹底したルール作りで初めて日本第一主義になるのだと思います。国際結婚等が増えてきている昨今、外国人に気を遣ってばかりの自称保守政治家が増えてきている事実、大変危険です。日本の政治は日本人だけでやるべきです。外国の意思が入る余地があってはいけません。頑張って下さい!

  2. 立候補者の選定要件は 至極真っ当だと思います。
    支持します。
    今の国会でさえ 日本第一にしない議論で辟易してます。
    これからを引き締めていく為にも 日本を取り戻す為にも!

  3. 今の極小世帯の日本第一党では、立候補予定者本人の活動実績や
    言動・人柄を個別で判断するのが現実的で妥当だし、そうせざる
    を得ないと思います。
    また、党員を続けるには党の性格上、強い意思を持っておられる
    方が多く、さらに立候補を申し出る党員は「心強くあれ」の志の
    方だと思いますので、今の日本が嫌いな議員たちと同列に扱う要
    件は、現在はまだ適切でないように思います。

    1. いち党員さんの意見に賛成します。
      日本第一党から出るならその辺りの覚悟はある筈ですよね?
      この理屈ならなぜ配偶者のみなんですか?
      では兄弟の配偶者は?子供の配偶者は?親の再婚相手は?親戚は?養子縁組は?
      この人達は確実に身内ですよね?
      特に親しければ忖度する可能性は充分ありますよね?
      この人達に一滴でも海外の血があればそれは危険と言う事になるのではないですか?
      理屈は変わらないですよね?
      これじゃ立候補者の配偶者だけの問題にならないですよね?おかしいですよね?
      外国人の血を全て排除する気ですか?そうなりますよね?
      日本第一党は排外主義ですか?そうでは無いですよね?
      youtubeの中村幹事長の演説では賛同するコメントが多い様に見えます。
      納得する人の方が多いのでは?あくまで党員では無いから関係ないですか?
      それともコメントを消してるのですか?
      立候補者本人の覚悟の問題だと思います。
      そんな本人の覚悟を見抜くことすら出来ない政党なんですか?
      立候補者要件は日本を守り抜く覚悟がある人って事で良いのでは?
      何のために政・党分離してるのですか?議員を監視する為でしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。