私と日本第一党 第九話 そこに何があるのか? | 右寄進のつぶやき

今回の内容は、誰もが興味のある話をします。

 

1945年8月、日本は終戦を迎える。第二次世界大戦当時は連合国であった米ソが対立する。

アメリカは、ソ連を抑え込むための強大な軍事力がほしかった。

そんな時だった。1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェルでUFOが墜落。

当時の新聞には、軍がUFOの残骸を回収したとある。しかし軍が事件を隠蔽し、あの残骸は気象観測用の気球の残骸だったと説明した。

 

「ん~ 実際はどうなんだろ~ みなさんは、どう思います?」

 

この事件以降、アメリカ国内ではUFOの目撃が頻繁になる。

日本のテレビ番組でも、UFO特集番組があるほどだ。カメラの前で、音声を変え、顔にはモザイク、個人が特定されないようにインタビューを受けている人がいる。

「私は空軍の地下施設でUFOの研究を何十年と携わってきました。今も私は監視されています。申し訳ないが、これ以上話すと、命が危険にさらされる。ここまでだ。」

かなり切迫した状況だ。

特にネバタ州にあるエリア51に関しては TOP SECRET なのだ。ここは、アメリカ政府が何年もの間、基地の存在を否定してきたが、2013年には公式に認めたのである。そしてロズウェル事件で回収されたUFOの残骸が、ここに保管されていると噂されている場所だ。

みなさんも知っていると思うが、テレビ局の車が、施設に近づくと、何処からともなく警備車両が近づいて来るのである。つまりこれ以上近づくと、命の保障はないぞ!のサインなのである。

エリア51で働いていた職員に話を伺うと、そこでは地球外航空機の飛行試験や分析調査をしていて、死ぬまで秘密を誓わされるらしい。

 

ま~秘密保持は当然でしょうネ!

エリア51で開発されたと思われる戦闘機、B-2スピリットがある。あの三角形をした戦闘機だ。

このB-2スピリットは、宇宙人との共同開発説もある。

 

それには根拠がある。

 

実はエリア51には、宇宙人の死体ではなく、生きた宇宙人がいるからだ。つまり、アメリカ政府は、宇宙人から技術の提供を受けていることになる。

それにしても不思議だ。もう一度ロズウェル事件を思い出してほしい。何万光年先からやってきた地球外航空機が墜落するのだろうか?

宇宙人を生け捕りにしたら、仲間の宇宙人が助けに来るのではないか?

そうなったら宇宙大戦争になってしまう筈だ。

アメリカ政府も、マスコミのインタビューに対し、知らぬ存ぜぬを決め込んでいるようだが、結局は存在するかのように装っているだけ。

アメリカの狙いは、いざとなれば敵国をUFOで攻撃してやると言いたいのだろう。単純なことである。

 

結果としては、アメリカにはUFOは存在しません。

 

UFO研究の第一人者であるオカルト雑誌「月刊ヘー」の編集長、桜〇誠氏も同じ見解だ。

アメリカにUFOは絶対存在しません。

では他の国にUFOは本当に存在するのでしょうか?

 

その前に、ちょっと待って下さい。みなさんは、エジプトのピラミッドをご存知ですよね!

あの石の重さはで一つ何tあるか知ってますか?

平均で2.5tあるらしいですよ!

それを一番高い所の139mまで積み上げる方法は?!

簡単です。協力者が○〇人だからです。

そしてU●●をクレーンとして使えば、何tでも吊り上げが可能です。

つまり古代エジプト人と〇○人の友情関係の証がピラミッドなのです。だからピラミッドの中には、U●●があるんです。

 

「何?そんなのウソだって~ あのな~」

 

それに対して私の答えはこうだ。

 

「ヘイトスピーチをやめろ ヘイトをやめろ ヘイトをやめろ この差別主義者 帰れ 帰れ 帰れ」

 

どうだ!私に対して反論できまい。

そうなんです。UFOの存在を信じない奴は差別主義者なんです。

私は宇宙人の人権を守ります。

だから私は戦います。この世にUFOがある限り、存在を認めない差別主義者に対し戦いを挑む。

この世からヘイトスピーチがなくなるまで戦うのだ。

 

PN.右寄進

「私と日本第一党 第九話 そこに何があるのか? | 右寄進のつぶやき」への1件のフィードバック

  1. 日本の歴史などを元にした未確認飛行物体への私的見解 
    ※かぐや姫 → 発光する竹・筍(光を放ち居場所を知らせる脱出カプセル)から救出され、後に空から迎え(救出部隊)が現れ、弓などで応戦するが、目くらまし(UFOの特徴である発行)で敢無く奪還されるも、保護してくれた地球人への敵意は無く死者などは出ていない。
    ※浦島太郎 → カメ(UFO)を救出し、海(宇宙)を旅し、竜宮城(惑星・空母)に招かれ歓迎され、帰路に就くと地球の時間が何年も過ぎ去っていた(高速で移動する物体に於いては時間の経過が遅くなる相対性理論)と云う偶然では済まされない当時では解り得ない理屈に合ったや昔ばなし話の存在。
    ※牧墨僊(まき・ぼくせん)1609(慶長14)年4月4日徳川家康が、駿府城で小型エイリアンと接触記述の存在。どっかの将軍様のように射撃の腕前が百発百中などとタワケタ絵空事で神格化させる様な記述でも無く、この様な事案で嘘偽りを記載したのなら御咎めはの沙汰は重罪である事は火を見るより明らか。
    ※1803年(享和3年)常陸国に漂着したとされる事例うつろ舟など日本各地に残る虚舟(うつろぶね)と云う記述の存在。
    ※和歌山で起きたエルトゥールル号乗組員救出の歴史に思いを寄せ、トルコ人が未だ親日である様に、エリア51に墜落し救助した事に対し宇宙人が地球人(アメリカ)に感謝し交流が始った可能性⁈
    ※浦賀にて最新の武器を積んで難破し救助され、徳川家康に仕えた三浦按針の様に祖国に於いては身分の低い立場の者が、救助してくれた日本の政のトップに御目通りした際、世界情勢(欧州の植民地支配状況・植民地化へのプロセス)などを嘘偽り無く知り得る全てを話し、イギリスの使者が来日した際に日本が優位になる様、間に入り交渉を進めてくれた親日家であり、恩人の様に救助された宇宙人が親米家に⁈
    ※遭難した宇宙人に対し、アメリカ人の中にも誠意をもって対応する神道の欠片のある人間が居た。
    UFOとは未確認飛行物体で、ドローンもUFOであり調査・探査であるなら生命体が搭乗するのは非効率である。メカドロイドやバイオドロイドを活用するのが妥当でしょう。もし生命体であるならば天の川銀河の端っこである辺境地の太陽系サバイバル宇宙旅行、アドベンチャーツアーと云った観光旅行?或いは、地球人成済まし宇宙移民⁈ 地球侵略⁇ ,,,,シャ・ベ・ツ・ヲ・ヤ・メ・ロ(宇宙人口調で)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。