私と日本第一党 第五話 理解できないこと | 右寄進のつぶやき

日本第一党のみなさん。

いつも活動お疲れ様です。

第五話もお付き合い下さいネ!

 

みなさんは、何か不思議だな~って思うことや、何で?と思うこと、ございませんか?

これは当たり前のことなんですが、長野県や新潟県に行くと感じることがあるんです。

それは、関東では川は東に向かって流れるのに、長野県や新潟県では西に向かって流れていく。「そんなの当たり前だよ」って言われますが、関東にずっといると、なんか変に感じるんです。

でもこれくらいは、わたしの頭でも理解できます。ちなみに、長野県では千曲川と呼ばれる川は、新潟県になると信濃川になるのは何で?

 

まーこの件については、この辺にしておきましょう。

さて世の中は、理解できないことが多々ありますので、知ってる方がいらっしゃいましたら、どうか教えて下さい。

小学校の時、社会の授業で県庁所在地を勉強されたと思います。

不思議に思ったのは東京です。

東京は東京って習った筈です。しかし東京に東京都東京区ってありませんよネ?なのに何で東京って地名が出てくるの?新宿に移転する前は、確か有楽町でしたよね?今でも東京って教えてるんですか?新宿じゃないんですか?

 

あと知りたいのは、市役所 保健所 裁判所の しょが所と書く。消防署 警察署 税務署は 暑と書く。違う理由はなんですか?使い分けする理由があるんですか?

司法書士 行政書士 会計士の 士と、医師 薬剤師の 師の違う理由。みなさんは考えたり、不思議に思ったりすることはないですか?

 

そして一番理解できないのは、日本人なのに日本を内側から壊そうとする共産主義勢力。

 

おっと話が飛びすぎたかな?

でも不思議に思えませんか?

憲法を守れって主張している左翼連中は、国そのものが崩壊したら、国家の基で成り立っている憲法も当然機能しなくなることを理解できないのか?

それと左翼弁護士にも言いたいことがある。お前らの弁護士資格だって、そもそもは国家が保障しているんじゃないか?

国が崩壊したら、財産の保障もないし、自分の身分を証明してくれる機関もない。映画で例えるなら、MAD MAX或いは北斗の拳の世界だ。現実の世界では、しばき隊の連中がこの世を支配することに等しい。

 

ちょっと思い出したことがある。

私は以前、新大久保デモに参加していたことがあった。それは嫌韓感情が高まったことが原因である。

その時に、北斗の拳に出てくるモヒカン頭がいた。みんなこいつを笑ってる。今の時代こんないるのかって。新大久保デモの原因は、むろん韓国にある。例えば、韓国大統領の、我が国天皇陛下への侮辱発言。対馬の仏像盗難事件。その他多数。愛国者であれば、韓国が許せないのは当然だ。

 

しかし、もっと許せないのは、日本人でありながら、敵対する外国勢力に加担する連中だ。

そして一番理解できないのは、この共産主義者である。

もしシナ・朝鮮が日本を支配するようになったら、真っ先に殺されるのは、日本を裏切った、お前ら共産主義者だ。シナ人は、そんなことする奴らを信用する筈がない。それも理解できず、なにゆえに外国勢力に加担するのか?

 

お前ら共産主義者は、もっとシナ人や朝鮮人のことを知ったらどうだ?

日本で共産主義者がやってきたことを振り返ってみろ!

 

単に、外国勢力から金をもらってる日当目当てのだったら、そんな金はもう受け取るな!何も考えない無知蒙昧の連中がこの世を亡ぼす。

 

そうさせないために、日本第一党が誕生したのだ。

 

日本第一党の役割は、選挙に行かない連中を、どうやって日本第一党に投票させるか?これが今後の課題かもしれない。

 

同時に共産主義撲滅を掲げ、邁進して行かなければなるまい。

 

PN.右寄進

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。